ホーム > 活動報告

活動報告

ジオパーク自然教室「黒部の雪を楽しもう」開催しました

2019年02月03日(日)

2月3日(日)、雪の観察会を行いました。例年に比べるとかなり雪が少ない年ですが、観察会の会場である くろべ牧場には50cmの雪が積もっていました。雪の層を断面から観察したり、雪の粒をルーペで見たりしながら、雪の性質について学びました。
雪の観察のあとは、かんじき体験や、雪の中に隠されている宝探しゲームを行いました。かんじき初体験の方が多く、最初は苦戦していましたが、歩き方のコツが分かり、かんじきに慣れてくると、みなさん楽しそうに雪の上を歩けるようになっていました。
室内研修では、ペットボトルとドライアイスなどを使った雪の結晶作りや、雪の中にいる微生物を顕微鏡で観察したりしました。
ふだん何気なく見ている雪について、いつもよりちょっとだけ詳しくなった一日でした。
みなさん、雪のこと好きになりましたか?来年も開催予定なので、ぜひお越しくださいね!

ジオ&みずはくツアー「扇状地の施設を訪問しよう」開催しました

2019年01月27日(日)


天候を心配していましたが、冬晴れとなり気持ちよくツアーを開催することができました。まずバスで向かった先は、YKKセンターパーク。丸屋根展示館でファスナーとサッシの仕組み、製造、歴史などを見学。特に創業者 吉田忠雄氏に感心されたようで、じっくりと資料に見入っておられました。ふるさとの森を眺めながらのコーヒータイムの後、黒部市吉田科学館でプラネタリウムを体験しました。寝転がれるシートで今夜の星空を生解説。ツアー終了後も夜空を見上げて楽しんでいただければと思います。次に訪問した㈱四十物こんぶでは昆布おにぎりなどのサービスを受け、社長さんから今の昆布や歴史について教えていただきました。海外への昆布事情や体に与える栄養素など興味深いお話でした。清水庵の清水では、綺麗に清掃された洗い場や澄み渡った水に思わず感嘆の声が。左右の出口で味が違うらしいとのことで飲み比べをし、美味しさの秘密を聞いてから最後の訪問先へ。地域観光ギャラリーでは、施設の大きなジオラマを使い立山黒部ジオパーク映画「剣の山」のロケ地説明を聞きました。今回は私達の身近にある施設や水の巡りを知り、湧水に含まれている「氷河の1滴」など、ロマンも感じていただけたのではないでしょうか。

工作教室「椅子づくり」

2019年01月26日(土)


毎年大人気の工作教室「椅子づくり」。今年度も、富山県技術専門学院新川センターの先生方に指導していただきました。カンナや金槌、やすりやボンドを使って、椅子を組み立てます。最初は、道具の使い方に戸惑っていた子供も慣れてくると上手に使いこなしていました。力がいる作業は、保護者の方に手伝ってもらって、椅子の完成! みなさん出来上がった椅子に座って喜んでいました。
富山県技術専門学院新川センターの先生方、ありがとうございました。

今年もクリスマスツリーのお目見えです!

2018年11月22日(木)

今年もクリスマスツリーが科学館に登場しました!
新川森林組合さんからいただいた間伐材を使わせていただきました。
手作り感たっぷりのクリスマスツリーですが、
ぜひ科学館のお近くにお越しの際は、見にいらしてくださいね!

ジオ&みずはくツアー「扇状地の紅葉を満喫しよう」開催しました

2018年11月11日(日)


   「黒部の秋を巡ります」のテーマで街路樹が紅・黄に色づく富山駅北口を出発しました。バスからの眺めは天気が良すぎて山脈が霞んでいます。うなづき湖周辺では紅葉の中を進んでくるトロッコ電車に歓声をあげながら散策しました。紅葉の綺麗な尾ノ沼谷川の上流に椎名道三の指揮で作られた十二貫野用水の取水口があり、ここに来るときに眺めた十二貫野台地まで水を通した当時の技術の高さに驚きました。愛本橋からの眺めもすばらしく、銀龍閣を隠すように木々が色鮮やかに紅葉していました。旧北陸街道の交通の便を良くする為に造られ、遠く離れた江戸にまで名の通っていた愛本刎橋の話を聞き、またも技術の素晴らしさに感嘆しました。
   後半は全国名水百選に選定されている、黒部川扇状地湧水群を訪ねました。扇端部で湧き出る高瀬湧水の庭や、生地の共同洗い場、河原に育つ沢スギなど、水に恵まれていることに改めて感謝しました。

▲ このページのトップへ