ホーム > 活動報告

活動報告

ジオ&みずはくツアー「扇状地の紅葉を満喫しよう」開催しました

2018年11月11日(日)


   「黒部の秋を巡ります」のテーマで街路樹が紅・黄に色づく富山駅北口を出発しました。バスからの眺めは天気が良すぎて山脈が霞んでいます。うなづき湖周辺では紅葉の中を進んでくるトロッコ電車に歓声をあげながら散策しました。紅葉の綺麗な尾ノ沼谷川の上流に椎名道三の指揮で作られた十二貫野用水の取水口があり、ここに来るときに眺めた十二貫野台地まで水を通した当時の技術の高さに驚きました。愛本橋からの眺めもすばらしく、銀龍閣を隠すように木々が色鮮やかに紅葉していました。旧北陸街道の交通の便を良くする為に造られ、遠く離れた江戸にまで名の通っていた愛本刎橋の話を聞き、またも技術の素晴らしさに感嘆しました。
   後半は全国名水百選に選定されている、黒部川扇状地湧水群を訪ねました。扇端部で湧き出る高瀬湧水の庭や、生地の共同洗い場、河原に育つ沢スギなど、水に恵まれていることに改めて感謝しました。

ジオパーク自然教室「生地海岸で石を釣ろう」開催しました

2018年10月14日(日)


   今回の自然教室はなんと「石を釣る」というテーマでした!石って釣れるものなのでしょうか?じつは、強力な磁石を近づけると、磁石につく石もあります。磁石につくかどうかは、石の中に入っている「磁鉄鉱」という鉱物の量などによるため、全ての石が釣れるわけではありません。今回は、釣り竿の先に磁石をつるし、海岸で石を釣り上げてみようという初めての企画でした。
   最初にジオパークについて、なぜ石が釣れるのかについて勉強し、その後に海岸に行って釣りにチャレンジしました。参加者全員が石を釣れるかどうか少し不安でしたが、大人も小さなお子様もたくさん釣ることができ、中にはすごく大きな石を釣った子もいました。釣りの後には、石の鑑定にもチャレンジしました。
   今回、「石が釣れる」ということを初めて知った方も多いのではないでしょうか。ぜひまた釣ってみてください!

ジオ&みずはくツアー「扇状地の成り立ちを知ろう」開催しました

2018年09月09日(日)


雨模様の中、水博ツアーが始まりました。舟見野台地にある下山展望台からは棚山台地や十二貫野台地のきれいな斜面を見ることができました。このほかに、はっきりと見ることができない数段の台地が形成されているそうです。この台地は黒部川が削ってできたと聞いて、水の凄さを感じました。この様にして幾多の年月を経て扇状地が作られていくのを知りました。黒東第3発電所は段丘崖を利用した、黒瀬川発電所は扇状地の傾斜を利用した水の力で発電していると聞きました。東山円筒分水槽は上流の水量に関係なく公平に分水し、田を黄金に輝かせています。先端部の黒部川扇状地湧水群(名水百選)では、人々や沢スギなど多くの生命に恩恵を与えています。水は脅威ではあるが、とても大切なものだと実感しました。

ジオパーク自然教室「夜の昆虫観察をしようinふるさとの森」を開催しました

2018年08月08日(水)


YKKセンターパークのふるさとの森で、昆虫の観察会を開催しました。

黒部の植物が沢山植えられている ふるさとの森には、たくさんの昆虫がすんでいます。観察会では、ライトトラップという、蛍光灯を使った仕掛けで昆虫を集めることにしました。ライトトラップを仕掛けて30分、明かりをもとめて、沢山の種類の虫が集まり、参加者のみなさんも大興奮!集まった虫の種類について、講師の嶋田先生に詳しく教えていただきました。

森の探検タイムでは、暗い森の中をみんなで散策しました。途中、セミが脱皮している場面に運よく遭遇し、観察することも出来ました。

昆虫をたくさん発見して、昆虫のことについて たくさん知ることが出来た、とても楽しい観察会となりましたね。参加してくれた皆様、講師の嶋田先生ならびにスタッフの皆様、ありがとうございました!

ジオパーク自然教室「川の生き物たちと親しもう」開催しました

2018年08月05日(日)


8月に開催したジオパーク教室では、黒部の川の中に、どんな魚がすんでいるのかを観察しにいきました。

まず、観察に行ったのは布施川。ここ数日雨が少なかった影響で水深が浅めだったため、魚が泳いでいる様子が見やすく、いつもより沢山の数の魚を捕まえることが出来ました。捕まえた魚のことを講師の長井先生に教えてもらった後、みんなで魚を川にリリースしました。魚さんたち、観察させてくれてありがとう!

そのあとは、生地の清水の川での観察を行い、布施川との生き物の違いや、これからも魚たちが黒部で暮らしていくためにはどんな環境があったらいいのか、先生に教えてもらいました。

生地の清水めぐりでは、中島の清水と、神明町の共同洗い場に行ってきました。神明町の共同洗い場では、清水(しょうず)の中に手を入れてみんなで我慢比べ大会をしました。清水の冷たさを肌で感じたあとは、味のチェック!暑い一日の終わりに飲む清水は、とても美味しかったですね。

黒部の川の生き物や水のことが少しわかった一日でした!

▲ このページのトップへ