トップページ » 立山黒部ジオパーク映画「剣(けん)の山」

季節のプラネタリウム

立山黒部ジオパーク映画「剣(けん)の山」

■期間

2017年11月3日(金) ~ 2018年4月27日(金)

■時間 平日、土日祝日とも 13:30 (上映時間 約40分)
※2018年4月28日以降も投映予定
■料金 大人 300円、高校大学生 150円
中学生以下 無料
■内容 「立山黒部ジオパークを舞台に描く、少年と山の物語」
小さな頃に父親を山で亡くした主人公の剣(けん)。彼の父は山岳救助隊の隊員だった。剣は山に対して複雑な気持ちを持っていた。高校生になった彼はある年の夏、科学部のキャンプで立山に登る。そこで雄大な自然を体験しながら、山と自分の関係を見つめ直す剣。そして父の友人でもあった顧問の先生や、友人たちに囲まれながら、剣は自分の心の呪縛を徐々に解いていくのであった。

・オールロケで撮影されたフルドーム映像初の本格的な人間ドラマ
この作品は、立山黒部の山々を舞台にオールロケで撮影されました。黒部市生地の街から出発し、称名滝、室堂を経由、剱岳の足元にある剱沢キャンプ場まで向かいます。自然の魅力を、臨場感あふれるフルドーム映像でお楽しみください。

・ジオパークで知る、人と地球のつながり
立山黒部の山々は、世界有数の造山活動の激しい場所。それは日本列島がいくつものプレートが交差する場所にあるからです。そんな場所に暮らす私たちの生命は自然からの恵みを受ける一方で、翻弄されてしまうこともあります。その自然を生み出した地球。そして地球を生み出した宇宙。山々を辿りながら、それらと命の繋がりを描きます。

・監督:上坂浩光
・出演:山下凌/本郷美波/小野孝弘 他
・音楽:山下宏明
・監修:黒部市吉田科学館(久保貴志)
・制作・著作:黒部市/有限会社ライブ

(上映時間:約40分)

▲ このページのトップへ