ホーム > 活動報告

活動報告

ジオ&みずはくツアー「扇状地の施設を訪問しよう」開催しました

2020年01月26日(日)


   冬とは思えないような青空。富山駅北口を出発したバスは雪のない道を黒部へとむかいました。新黒部駅経由で向かった最初の訪問施設はYKKセンターパークです。丸屋根展示館ウエルカムホールで5分間ほどの映画を見た後、ファスナーや建材の製造方法や商品の説明をYKKOBの地域学芸員さんから聞きました。分かりやすい説明で、技術の高さを感じることができました。ファスナー手作り体験が出来るとのことで、予約をしてまた来ようと思いました。黒部市吉田科学館では昼食を食べた後、プラネタリウム体験をしました。優しい語りの声に眠くなりました。午後の最初の訪問施設はうなづき友学館(黒部市歴史民俗資料館)です。DVD映画「黒部の流れと宇奈月」を見てから常設展示「高峰譲吉・山田胖 100年前の書簡に学ぶ」を見学しました。最後の訪問施設は黒部市地域観光ギャラリーです。県東部の大きなジオラマを見ながら立山黒部ジオパークの概要を聞きました。高低差4,000mの地形、黒部川が何万年もの歳月をかけてつくった扇状地、そして富山湾。豊富な水の恩恵をうけている私たちは幸せだと感じました。

工作教室「椅子づくり」

2020年01月25日(土)


今年も富山県技術専門学院 新川センターさんのご協力で「椅子づくり」を開催しました。大人気の教室です。材料と道具が机の上にあるのを見て、目を輝かさせているお子さんもいました。まず最初に先生から材料の説明と道具の使い方について説明していただき、そのあと家族の方と協力して作りあげます。カンナ、やすり、ドライバー、トンカチなど初めて使う道具もあったのではないでしょうか。そこは、家族の力を借りて、みんな一生懸命取り組んでいました。出来上がった椅子、大事に使ってくださいね。新川センターの先生方、ありがとうございました。

ジオ&みずはくツアー「扇状地の紅葉を満喫しよう」開催しました

2019年11月10日(日)


   天気が良く、綺麗な紅葉に期待を抱きながら富山駅北口を出発しました。愛本橋から宇奈月湖に向かうバスからは紅葉している山々を眺めることができました。うなづき湖では今が見ごろの紅葉に歓声をあげました。その中にある白い洋風の建物が発電所だと教わりました。対岸を進んでくるトロッコ電車に手を振りながら散策しました。紅葉の綺麗な尾ノ沼谷川の上流に十二貫野用水の取水口があるとの説明を聞き、当時の技術の高さに驚きました。扇頂部の愛本峡では、紅葉を眺めながら愛本橋を渡りました。日本三奇矯の愛本刎橋や地形の話を聞き、橋をここに架けた理由が分かりました。
   昼食の後は全国名水百選に選定されている、黒部川扇状地湧水群を訪ねました。扇端部で湧き出る水は、スギ(杉沢の沢スギ)を河原でも育てることができ、高瀬湧水の庭や生地の共同洗い場は人の暮らしに欠かせないものとして大切にされていました。

ジオパーク自然教室「生地海岸で石を探そう」開催しました

2019年10月20日(日)


   今回のジオパーク自然教室は「海岸で石を探す」というテーマでした。石を探すってどういうこと?普通に落ちているものじゃないの?と疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう。石は全て同じように見えるかもしれませんが、実はたくさんの種類があるのです。今回は、参加者のみなさんに海岸で石を鑑定してもらい、できるだけ多くの種類の石を探すという企画でした。また、せっかく海岸に来たので、やはり釣りをしたいですよね。ということで、今回も「石の釣り竿」を使って、石を釣り上げてもらいました(石が釣れる仕組みについてはこちら)。最初は石の鑑定に苦戦していた方も、やがて「花こう岩!」「砂岩!」などとバッチリ答えられるようになっていました。また、石と関係の深い「水」についても知ることができました。参加してくださったみなさま、ありがとうございました。また来年もお越しください!

ジオ&みずはくツアー「扇状地の成り立ちを知ろう」開催しました

2019年09月08日(日)


台風の接近で朝からフェーン現象で暑い中、みずはくツアーが始まりました。舟見野台地にある下山展望台からの眺めは素晴らしく、北アルプス連峰や棚山台地、現扇状地とその向こうに十二貫野台地のきれいな斜面が続いていました。この台地は黒部川が数万年かかって削ってできたと聞いて、水の凄さを感じました。くろべ牧場まきばの風からは、広大な扇状地と黒部川、富山湾や能登半島を見ることができました。黒部市吉田科学館や対岸の新湊大橋を見つけた人もいました。黒東第3発電所は段丘崖を利用し、黒瀬川発電所は扇状地の傾斜を利用した水の力で発電していました。片貝川扇状地の傾きを利用し、逆サイホンの原理で水を中心より湧き出させている東山円筒分水槽は上流の水量に関係なく公平に分水し、田を黄金に輝かせています。扇端部の黒部川扇状地湧水群(名水百選)では、湧き出る水が人々や沢スギなど多くの生命に恩恵を与えています。与えられた地形をうまく利用した先人の知恵や努力に感謝しつつツアーを楽しむことが出来ました。

▲ このページのトップへ