ホーム > 活動報告

活動報告

ジオ&みずはくツアー「扇状地のダイナミックな水循環」開催しました

2018年06月17日(日)


快晴のもと、ツアーが始まりました。剱岳の氷河を車窓から眺めながら黒部川扇状地(水博物館)へ向かいます。栃屋展望台から広大な扇型をした緑の扇状地を眺めました。下から水が噴き出す竜ノ口用水(十二貫野用水)のからくりを実験で見て、また愛本刎橋の構造を聞き、当時の技術の素晴らしに感心しました。黒部川堤防を下るバスの中で黒西合口用水、水制工、霞堤、旧合用水水門跡で治水の苦労話しを聞きました。聞かなければ分からない建物、水を無駄なく使用する低落差発電所がありました。昼食の後、杉沢の沢スギに向かいました。木道の修理、取替工事のため、園内が全面立入禁止なので園の外周を散策しました。園家山キャンプ場では地下水の水位が見える水位標柱を見たり、一等三角点本点を見学したり、貴重な体験をしました。最後に氷河の一滴の入った冷たくておいしい水を清水庵の清水(生地の共同洗い場)で味わいました。水循環を体感した一日でした。

▲ このページのトップへ