ホーム > 活動報告

活動報告

ジオ&みずはくツアー「扇状地のダイナミックな水循環」開催しました

2020年10月18日(日)


   越中を拓く「椎名道三と十二貫野用水」のDVDを観ながら黒部川扇状地(水博物館)へ向かいました。栃屋展望台から広大な扇型をした緑の扇状地を眺めた後、谷の下を通して下流の部落へ導水した竜ノ口用水(十二貫野用水)を見学しました。前回は十二貫野湖、次回は取水口の見学と十二貫野用水の全容が分かるツアーになっているそうで、次回が楽しみです。愛本橋では、愛本刎橋の解説を聞き、十二貫野用水や愛本刎橋の当時の技術の高さに感心しました。黒部川堤防を下るバスの中で黒西合口用水、水制工、霞堤、旧合用水水門跡で治水の苦労話を聞きました。黒西合口用水で取水した水を扇状地の傾斜を利用して発電している低落差発電所を見学しました。発電に利用した水を次の発電所に供給し、最後は黒部川に放流しているとの話がありました。昼食の後、杉沢の沢スギに向かいました。園内で杉が人々の暮らしに欠かせなかったとの話や、伏状更新の興味深い話に聞き入りました。全国名水百選の黒部川扇状地に湧く水には氷河の一滴が入っており、入善の高瀬湧水の庭や清水庵の清水(生地の共同洗い場)で冷たくておいしい水を味わいました。水循環をとおして黒部川を治め、その水をうまく利用しているのを実感した一日でした。

▲ このページのトップへ