ホーム > 活動報告

活動報告

ジオパーク自然教室「夜の昆虫観察をしようinふるさとの森」を開催しました

2018年08月08日(水)


YKKセンターパークのふるさとの森で、昆虫の観察会を開催しました。

黒部の植物が沢山植えられている ふるさとの森には、たくさんの昆虫がすんでいます。観察会では、ライトトラップという、蛍光灯を使った仕掛けで昆虫を集めることにしました。ライトトラップを仕掛けて30分、明かりをもとめて、沢山の種類の虫が集まり、参加者のみなさんも大興奮!集まった虫の種類について、講師の嶋田先生に詳しく教えていただきました。

森の探検タイムでは、暗い森の中をみんなで散策しました。途中、セミが脱皮している場面に運よく遭遇し、観察することも出来ました。

昆虫をたくさん発見して、昆虫のことについて たくさん知ることが出来た、とても楽しい観察会となりましたね。参加してくれた皆様、講師の嶋田先生ならびにスタッフの皆様、ありがとうございました!

ジオパーク自然教室「川の生き物たちと親しもう」開催しました

2018年08月05日(日)


8月に開催したジオパーク教室では、黒部の川の中に、どんな魚がすんでいるのかを観察しにいきました。

まず、観察に行ったのは布施川。ここ数日雨が少なかった影響で水深が浅めだったため、魚が泳いでいる様子が見やすく、いつもより沢山の数の魚を捕まえることが出来ました。捕まえた魚のことを講師の長井先生に教えてもらった後、みんなで魚を川にリリースしました。魚さんたち、観察させてくれてありがとう!

そのあとは、生地の清水の川での観察を行い、布施川との生き物の違いや、これからも魚たちが黒部で暮らしていくためにはどんな環境があったらいいのか、先生に教えてもらいました。

生地の清水めぐりでは、中島の清水と、神明町の共同洗い場に行ってきました。神明町の共同洗い場では、清水(しょうず)の中に手を入れてみんなで我慢比べ大会をしました。清水の冷たさを肌で感じたあとは、味のチェック!暑い一日の終わりに飲む清水は、とても美味しかったですね。

黒部の川の生き物や水のことが少しわかった一日でした!

▲ このページのトップへ