ホーム > 活動報告

活動報告

「科学館まつり2018」開催しました。

2018年11月03日(土)


11月3日から2日間、恒例の「科学館まつり2018」を開催しました。
科学について、気軽に親しんでもらう事を目的に、様々なイベントを行いました。

講演会では、今年小惑星リュウグウに到着し、今まさに探査を進めている小惑星探査機「はやぶさ2」について、黒部のガリレオこと大西浩次氏と、プラネタリウム番組「HAYABUSA」シリーズ監督・上坂浩光氏をお招きして、お話していただきました。
講演の締めくくりは、プラネタリウム番組「HAYABUSA」「HAYABUSA2」の2本連続投映。小惑星探査機「はやぶさ2」について、じっくり学んだ充実の一日でした。

その他にも当日は、太陽観察会、工作教室、サイエンスショー、ジオパークワークショップなどの体験コーナーを設置し、色々な「科学」を楽しんでいただきました。
当日来て下さった皆様、体験コーナーを出してくださった講師の皆様、本当にありがとうございました!来年の科学館まつりも楽しみにしていてくださいね!

(写真左は、上坂浩光氏と大西浩次氏)
(写真右は、上坂さんに書いていただいたはやぶさ2イラスト付きサイン!
 素敵なサインありがとうございました。)

ジオパーク自然教室「生地海岸で石を釣ろう」開催しました

2018年10月14日(日)


   今回の自然教室はなんと「石を釣る」というテーマでした!石って釣れるものなのでしょうか?じつは、強力な磁石を近づけると、磁石につく石もあります。磁石につくかどうかは、石の中に入っている「磁鉄鉱」という鉱物の量などによるため、全ての石が釣れるわけではありません。今回は、釣り竿の先に磁石をつるし、海岸で石を釣り上げてみようという初めての企画でした。
   最初にジオパークについて、なぜ石が釣れるのかについて勉強し、その後に海岸に行って釣りにチャレンジしました。参加者全員が石を釣れるかどうか少し不安でしたが、大人も小さなお子様もたくさん釣ることができ、中にはすごく大きな石を釣った子もいました。釣りの後には、石の鑑定にもチャレンジしました。
   今回、「石が釣れる」ということを初めて知った方も多いのではないでしょうか。ぜひまた釣ってみてください!

「星空トロッコ」参加してきました!

2018年10月05日(金)

10月5日(金)、黒部峡谷鉄道さん主催の「星空トロッコ」に参加しました。
17時頃、宇奈月駅を出発した星空トロッコ。その頃は、空は一面雲に覆われていて、星空が見えるのかとても心配でした。18時半ごろ、欅平駅に到着。駅屋上から空を見上げると、雲の隙間からいくつか星が見えていたので、一安心。徐々に雲も少なくなり、すっきりした星空ではなかったものの、夏の星座や、秋の星座、惑星の火星など、何とか観察することが出来ました。今年度の星空トロッコは終了しましたが、来年度も実施予定との事ですので、ご興味のある方、ぜひご参加くださいね☆

星空トロッコは、毎年ヘッドマークのデザインが変わります。
今年のヘッドマークはこれでした!(写真ご参照ください)

「闇の封印―プラネタリウムで感じる闇と光の世界―」開催しました!

2018年09月15日(土)


9月15日(土)、黒部市美術館との共催イベント「闇の封印―プラネタリウムで感じる闇と光の世界―」を開催しました。このイベントは、黒部市美術館で開催中の「河口龍夫-ちのこうや-」展との連携イベントで、当日は河口さんに「闇」のお話をしていただいた後、プラネタリウムドームの中で真っ暗闇体験と、星空体験(プラネタリウム)の両方を、参加者の皆さんに味わっていただきました。
河口さんのお話の中で、「闇がなければ光は見えない。」とおっしゃっていたのが印象的で、普段怖がられたり、嫌がられている「闇」が、実は「光」と対を成す、大切なものであることに気づかされました。

このイベントでは、この日の暗闇を「DARK BOX」という箱の中に封印しました。実物は黒部市美術館に展示してありますので、ぜひご覧くださいませ!
(黒部市美術館 河口龍夫-ちのこうやー 会期:9月15日~12月16日)

ジオ&みずはくツアー「扇状地の成り立ちを知ろう」開催しました

2018年09月09日(日)


雨模様の中、水博ツアーが始まりました。舟見野台地にある下山展望台からは棚山台地や十二貫野台地のきれいな斜面を見ることができました。このほかに、はっきりと見ることができない数段の台地が形成されているそうです。この台地は黒部川が削ってできたと聞いて、水の凄さを感じました。この様にして幾多の年月を経て扇状地が作られていくのを知りました。黒東第3発電所は段丘崖を利用した、黒瀬川発電所は扇状地の傾斜を利用した水の力で発電していると聞きました。東山円筒分水槽は上流の水量に関係なく公平に分水し、田を黄金に輝かせています。先端部の黒部川扇状地湧水群(名水百選)では、人々や沢スギなど多くの生命に恩恵を与えています。水は脅威ではあるが、とても大切なものだと実感しました。

▲ このページのトップへ