ホーム > 黒部少年少女発明クラブ > クラブレポート〈黒部少年少女発明クラブ〉

クラブレポート〈黒部少年少女発明クラブ〉

発明クラブ「ロボットづくり」

2020年12月19日(土)


今月の活動は、魚津工業高等学校のみなさんのご協力で「ロボットづくり」を開催しました。
クラブ員たちは、いつもと違った雰囲気で、お兄さんたちに囲まれて少し緊張?していたかな?優しく丁寧に指導してもらい、無事「相撲ロボット」を完成することができました。そして、生徒さん達が製作したロボットも見学させてもらい、みんな興味深々でした。
魚津工業高等学校のみなさん、ありがとうございました。

発明クラブ「炭焼き体験」

2020年11月15日(日)


今年も「あこや~の」さんのご協力で、炭焼き体験を開催しました。
炭にしたいものを持ってきてもらいましたが、いろいろ自分なりに考えて持ってきてくれたようで関心しました。
うまく炭ができるといいね~と話しながら、火の前で待ちますが、今日は天気もよく晴れて、とても暖かかったので、さらに火の前にいると熱さと煙にやられました。炭になったものを見て、「あー。失敗したー。」「お!うまくできてる!」などあちこちで声があがっていました。おうちでどう活用されるのか楽しみです。みんな家に帰ってみたら壊れてなかったかな?それが心配です。

来月は、12月19日(土)の開催です。
詳細は、後日クラブ員にお便りを配布しますので、ご覧ください。

発明クラブ「望遠鏡スピカをつくろう」

2020年10月18日(日)


今月は、天体望遠鏡が手作りできる「スピカ」をつくりました。パーツがたくさんあるので順番を間違えないように慎重に組み立てていきます。本物の望遠鏡と同じ仕組みなので、工作しながら望遠鏡の仕組みも勉強できたと思います。

最後に外で三脚につけて、両手で接眼筒を動かしながらピントを合わせる方法も教えてもらいました。これで使い方も完璧! 晴れた夜、スピカで空を覗いて何がみえたか教えてくださいね!

発明クラブ「発明くふう展見学会・ハンダづけ」

2020年09月20日(日)


今月は、吉田科学館で開催している「黒部少年少女発明くふう展」の見学と「ハンダづけ」です。
発明くふう展は、選ばれた作品(133点)を全部見て、自分が一番いいと思った作品を選んでもらいました。
ハンダづけは、道具の使い方と注意事項をよーく聞いてから練習しました。
それでもふと熱い針金にさわってしまったりして、「あつい!」と声を上げるクラブ員も何人か...。自由な作品をいくつか作ってもらいましたが、限られた時間の中で、みんな自分なりに考えたものを上手に作っていました。

発明クラブ「開講式・ゴム動力おもちゃをつくろう」

2020年08月16日(日)


新型コロナウイルス感染拡大に伴い、発明クラブの活動開始日が3か月遅れてはじまりました。感染症対策を講じての開催です。初めての活動は、みんなで自己紹介と指導者の紹介、今年度の活動計画の説明と例年の開講式とは違い、短時間で行いました。そのあとゴム動力おもちゃを作って、みんなで戻ってきた距離を競争して、上位3人にはメダルの中にお菓子がはいったものをプレゼントしました。みんな初めての活動はどうだったかな?

来月の活動は、9月20日(日)です。

▲ このページのトップへ