トップページ » 天文教室「ペルセウス座流星群を見よう」2日目開催しました!

活動報告

天文教室「ペルセウス座流星群を見よう」2日目開催しました!

2016年08月13日(土)

今日はペルセウス座流星群観察会の2日目。昨日に引き続き、今日も沢山の方が来て下さいました。前日12日が流星群のピークでしたが、今日13日はどうでしょうか?

まず最初にプラネタリウムで流星群観察のコツを解説した後、科学館前庭に集合。今日はISS(国際宇宙ステーション)が北西の方角に出現する予報だったので、みんなでISSを待ち構えていると、ちょうど流星がひとつスーっと流れ、参加者の皆さんから歓声が起こりました。その後、ISSがゆっくりと北西の低い空から出現し、これもまた初めて見る方も多く、「ワーッ」と声が上がりました。
それからも継続して、流星群観察を行いました。昨日ほど出現しておりませんでしたが、参加者の方に伺ったところ、最低1コは観察出来ていたようなので、安心しました。

ペルセウス座流星群は毎年8月12・13日前後に出現する流星群です。来年も観察会を行う予定なので、興味のある方はぜひご参加ください!

※写真は、職員が撮影したものです。残念ながら流星は映っていなかったのですが、ISSの軌跡がばっちり映っておりました(点線が左上方向に斜めに伸びているものが、ISSの軌跡です)


▲ このページのトップへ