トップページ » ジオ&みずはくツアー「扇状地の施設を訪問しよう」開催しました

活動報告

ジオ&みずはくツアー「扇状地の施設を訪問しよう」開催しました

2020年01月26日(日)


   冬とは思えないような青空。富山駅北口を出発したバスは雪のない道を黒部へとむかいました。新黒部駅経由で向かった最初の訪問施設はYKKセンターパークです。丸屋根展示館ウエルカムホールで5分間ほどの映画を見た後、ファスナーや建材の製造方法や商品の説明をYKKOBの地域学芸員さんから聞きました。分かりやすい説明で、技術の高さを感じることができました。ファスナー手作り体験が出来るとのことで、予約をしてまた来ようと思いました。黒部市吉田科学館では昼食を食べた後、プラネタリウム体験をしました。優しい語りの声に眠くなりました。午後の最初の訪問施設はうなづき友学館(黒部市歴史民俗資料館)です。DVD映画「黒部の流れと宇奈月」を見てから常設展示「高峰譲吉・山田胖 100年前の書簡に学ぶ」を見学しました。最後の訪問施設は黒部市地域観光ギャラリーです。県東部の大きなジオラマを見ながら立山黒部ジオパークの概要を聞きました。高低差4,000mの地形、黒部川が何万年もの歳月をかけてつくった扇状地、そして富山湾。豊富な水の恩恵をうけている私たちは幸せだと感じました。

▲ このページのトップへ