トップページ » ジオ&みずはくツアー「ジオパークって何?」開催しました

活動報告

ジオ&みずはくツアー「ジオパークって何?」開催しました

2021年01月24日(日)


   2週間前の大雪で交通渋滞を起こしていた国道8号線や北陸自動車道(高速道路)はしっかりと除雪されており、富山駅北口を出発したバスは予定どおり新黒部駅駅前広場に到着しました。
最初の訪問施設は立山黒部ジオパーク交流施設「うなジオ」です。立山黒部ジオパーク及び宇奈月温泉の情報発信拠点です。ガイドさんから宇奈月近辺で見つかった石などの説明を聞き、ジオパークのことをわかりやすく楽しみながら学べました。黒部市歴史民俗資料館「うなづき友学館」では「愛本刎橋の歴史や黒部川と人々のかかわり」の映画を見ました。黒部市吉田科学館で昼食を食べる前に学芸員の方から科学館の説明を聞いたり、プラネタリウム体験をしました。ここにも「うなジオ」で説明を受けた石が陳列されていました。午後は旧北陸街道沿いにあり当時の旅人の休憩所であったとされる、富山の名水「箱根の清水」で喉を潤しました。最後の訪問施設は黒部市地域観光ギャラリーです。県東部の大きなジオラマを見ながら立山黒部ジオパークの概要を聞きました。高低差4,000mの地形、黒部川が何万年もの歳月をかけてつくった扇状地、そして富山湾。豊富な水の恩恵をうけている私たちは幸せだと感じました。
   科学館で買った「立山黒部ジオパーク見聞録」を読むのが楽しみです。

▲ このページのトップへ