トップページ » みずはくツアー「扇状地の春を散策しよう」開催しました

活動報告

みずはくツアー「扇状地の春を散策しよう」開催しました

2019年03月17日(日)


 寒い一日になりそうですが、雨が降らないようにと祈りながら黒部の春を探しに向いました。松桜閣では、「キクバオウレン」や「白いショウジョウバカマ」、「シキミの花」を探すことができました。宮野山運動公園で眺望を楽しんでいると、新幹線が駅に入ってきました。流水客土の説明を聞きながら上を見ると、「桜の芽」が膨らんで「もうすぐ春ですね!」と言っているようでした。名水街道をとおり、屋根のある生地の神明町の共同洗い場で「氷河の一滴」の入った冷たくておいしい水を味わいました。「黒部市吉田科学館」での昼食後、「杉沢の沢スギ」にむかいました。「ショウジョウバカマ」や「ネコノメソウ」が春を告げていました。黒部川堤防の右岸を扇頂部に向けてバスは走ります。「墓ノ木自然公園」では、「ミズバショウ」が見事で、皆で歓声を上げました。まだ葉を付けていない木々には「ヤドリギ」が沢山見られました。今日のおかずに「フキノトウ」を摘でいる人もいました。「愛本橋周辺」では雨に濡れた「コシノコバイモ」の可憐な花を見つけることができました。寒かったけどいくつかの春を見つけて今日のツアーは終了しました。

▲ このページのトップへ